天敵!・・紫外線のダメージは?

しばらくぶりの更新になってしまいました (-"-)

先週水曜日から3日間、勉強とトレーニングがあったんですね~

朝から夕方までびっしり、おまけに宿題まで。

寝るのは深夜、厳しい3日間でした。


“紫外線はお肌に良くないですよ~”と最近では誰もが知るところですが。


さてどのようによくないんでしょうか?


紫外線の波長の短いUVーBは・・肌の表皮細胞内のDNAを破壊してしまいます。

それと共にメラノサイト(色素細胞)を刺激するために「シミ」の原因に。


波長の長いUV-Aは・・肌の表皮深部のコラーゲンやエラスチンを破壊。

このために皮膚の土台が崩れてしまい、土台ごと陥没した状態=「しわ」の原因に。


直接紫外線を浴びていなくても、目が紫外線を察知すると脳からメラノサイト刺激ホルモンが発生し、メラニンが作らます.→日光にあたっていないのに日焼け。


そして紫外線は免疫細胞のナチュラルキラー細胞を減少させます。

このことが「夏バテ」「夏カゼ」を誘発させますね。

回復には2週間かかるとも言われていますよ~


また、紫外線は活性酸素を発生させ、これがまたメラノサイト(色素細胞)を刺激。

白内障や」皮膚がんの原因になると言われています。


紫外線は単に日焼けだけではなく、体の中にも影響を及ぼしているんですね。


9時から15時30分くらいは一日のうちで紫外線の量が多い時間帯です。

洗濯物を干したり取り入れたりするときや、ちょっとした外出でも帽子や日傘でガードしてくださいね~