この時期のおていれ。。


今日で8月もおしまい。


最近ずっとお天気が良くないですね~


このまま夏も終わってしまうんでしょうか。



日中はまだまだ暑さを感じますが朝夕は随分涼しくなりました~


汗や皮脂の分泌も少なってきますね。


気温が低くなった分、体温との差が広がり肌の水分も蒸発しやすくなってしまいます。


そのために洗顔後の肌がつっぱるようになってしまうのですね。


この状態は体感から理解できることですが、隠れた原因が潜んでいる場合もあります~


それは“角質層の乱れ”です。



夏の間は、高温多湿の気候から湿度があり、汗や皮脂も出やすく、角質層は“ふやけた”・・・


いわゆる、ぬるま湯のような時期を過ごしているのです。


そのため少しくらい角質層が痛み、保湿機能やバリア機能が低下していても自覚しにくいのです。


そんな肌も気持ちのいい涼しい風に、肌をさらすことによって潤いが奪われ、肌が乾燥するようになってくるんですね。


肌の手入れは早め早めに、そして保湿はしっかりと!ね。