体を温める食事を・・


10月に入りました。

今年も残り3カ月です。

時間の経つのは本当に早いですね~


冷え症を改善するために・・からだを温める食事を・・!!


◎タンパク質・鉄分の摂取を・・!

血液や筋肉をつくるもととなり、保温に欠かせないのがタンパク質。


それと同時に食べたもののエネルギーを燃焼させて体温を保つために必要なのは酸素です。


タンパク質や鉄分が不足すると → 酸素を運ぶ赤血球が不足してしまいます (>_<)


冷え症の人には貧血で体力の弱い人が多い → 鉄分は貧血を予防・改善する働きがあります。


・タンパク質は肉や魚、大豆などで

・鉄分はレバーや大豆、貝類、ひじき、ドライフルーツなど



◎ミネラル・食物繊維

ミネラルはタンパク質などが体内でエネルギーを作り出す時これを助ける役割と体調を整える働きをします。


・根菜・イモ類をたっぷりと・・・レンコンやゴボウ、里いも、さつまいもetc

長い間、土の中で育つ根菜は土の中のミネラルをタップリ含んでいます~


これらは食物繊維も豊富なため、冷え症に関係の深い便秘の解消にも役立ちますね。



◎ビタミンB1・Eの豊富な食材を・・・!

・B1

ご飯やパン・甘い物やアルコールなどの糖質を分解して、エネルギーに転換。

豚肉、玄米、胚芽米、ウナギなどに多く含まれる。


・E

別の名を、若返りのビタミンとも言われますね(^^)

血液の流れを良くし、体温を上げる働きがあります。

特に揚げ物や肉類を好む人はたくさんとるといいですね~


◎加熱調理して食べるといいですよ・・!!

同じ食材でも生のままや冷たいまま食べるのと、炒める・煮る・上げるなど加熱調理するのとでは大きく違います。


サラダも生野菜ではなく、ニンジンやブロッコリーなどのゆでた野菜を。

牛乳も冷たいまま飲むのではなく、シチューに加えるなどひと工夫を(^^)


一度加熱したものは覚めても身体を温める働きは残っていますよ~


調理時間がないときは、加熱済みの冷凍野菜などでもOKです。 





冷え症は万病の元です!体を温める食事を心がけて健康と美肌を手に入れましょう・・ね。